debicreaccount_circle

生産高比例法による減価償却費の計算

schedule2021-11-04share

本日は、簿記2級の論点である「生産高比例法」についてまとめました。 クイズの解説も合わせてご覧下さい。

生産高比例法とは?

生産高比例法とは、固定資産の使用した分に比例して減価償却費を計算する方法です。
生産高比例法を適用できるのは、どれだけ使用したのかが明確にわかる固定資産のみです。
具体的には、車両や航空機などが挙げられます。

計算方法

減価償却の考え方そのものは定額法や定率法と同じですが、計算式が異なります。
先ほども言いましたが、生産高比例法では、使った分に比例して減価償却費を計算します。
よって、以下の式で求められます。

算出式

(取得原価-残存価額)×当期使用量/総使用量

つまり、全体でどれだけ使えるのか(総使用量)と当期にどれだけ使ったか(当期使用量)と残存価額が分かっていれば、減価償却費を計算することができます。
残存価額を引くのを忘れがちなので、注意してください。

それでは、以下の例題で確認してみましょう。

例題

以下の仕訳をしなさい。
決算日につき、取得原価500,000円の車両を生産高比例法(耐用年数5年、残存価額は取得原価の10%、総走行距離100,000km、当期走行距離22,000km)によって減価償却を行う。ただし、記帳方法は間接法によること。

問題文から、取得原価、残存価額、総使用量、当期使用量の4つを読み取ります。
取得原価:500,000円
残存価額:500,000円×10%=50,000円
総使用量:100,000km
当期使用量:22,000km
あとは、先ほどの公式に当てはめれることで、減価償却費は以下のように計算できます。

(500,000円-50,000円)×22,000km/100,000km=99,000円

よって、仕訳は以下のようになります。

借方科目
金額
貸方科目
金額
減価償却費
99,000
車両減価償却累計額
99,000

クイズの解説

https://twitter.com/debicre_boki/status/1456859257605799936 定額法や定率法では、取得日や売却日が期中の場合に月割計算を行いましたが、生産高比例法では、月割計算は行いません。
というのも、生産高比例法は、期間ではなく生産高(利用高)を配分基準として償却を行う方法になるので、期中取得や期中売却の場合でも月割計算は行いません。
よって、正解は × でした!

第1問の仕訳問題で出る可能性がありますので、しっかりと計算できるようにしておきましょう。